頬のニキビについて


化粧顔ニキビは顔に出来るものですが、その場所によって原因とケアが変わるといいます。特に、頰に出来たニキビは顔の広い部分ですので非常に目立ちやすいです。そのうえ、女性の場合はメイクにも支障が出やすい場所となるので、出来れば早く治したいという人も多いでしょう。

頰に出来るニキビの原因は、毛穴に残ったメイクの汚れが原因かもしれません。メイク汚れは毛穴の奥に存在するアクネ菌の栄養源となります。アクネ菌はこれらを食べて増殖し、それが炎症の原因となるのです。この炎症が悪化することでボコボコのクレーター状のニキビ跡になってしまうこともあるようです。気を付けましょう。

さらに、頰は皮脂の分泌量が少ない場所でもあります。そのため肌の水分が蒸発しやすいため、乾燥が目立つ場所となります。そのため、肌にはうるおいを与える必要があるのです。乾燥した肌はターンオーバーの働きを鈍くさせます。そのことで皮膚の外側が厚くなり、皮脂が毛穴に詰まりやすい状態となってしまうのです。

頬に出来るニキビの原因は大きく分けてメイク汚れと乾燥にあるようです。頬のニキビ対策にはしっかりと保湿をして肌の持つターンオーバーを促すことが重要だと言えます。つづいては鼻にできるニキビについて説明していこうと思います。